指を刺さないようにするには?

2017.11.30|作り方 ポイント

はてな

 

羊毛フェルトを初めて間もない頃は、指を刺してしまうことがあると思います。

指を刺してしまうということは、正しく針を動かせていないということなので、もう1度おさらいをしてみましょう!

 

絶対にマットの上で作業をしてください!

 

これは直接、指を刺さないようにすることとは関係ないことですが、必ずマットの上で作業をしてください。

マットの上で作業をしないとニードルが折れてしまうこともありますし、最悪の場合、ニードルの先端が折れ、目に入ってしまうこともあります。

本当に危険です。

危険

絶対にマットの上で作業をしてくださいね!

 

指を刺さないようにするためには?

みなさんは、ニードルで刺す場所を変える場合、羊毛を動かしていますか?それとも、ニードルを動かしていますか?

実はこの質問、もの凄く重要なのです!!

指を刺してしまう人の多くはニードルを動かしているのです。

指を刺さないためには、ニードルは常に一定の場所を刺し、ニードルではなく羊毛を動かす必要があります。

これをしっかりとやっていただければ、指を刺さないようになるだけでなく、安定して刺せ、均等な硬さにすることができるようになります。

このとき、絶対に手元から目を離してはいけません。

手元から目を離してしまい、正しい動作が出来ずに、指を刺してしまったという話も聞きます。

 

手に持って作業をするときは?

マットの上だけでなく、手に持って作業をしなければいけないときもあります。

そのときは、ニードルの先端の方向に手が来ないように気を付けてくださいね。

ニードルの先端に手があると刺してしまう確率が高くなってしまうからです。

また、集中してくると、当たり前なことを忘れてしまって、指を刺してしまうこともありますので、気を付けてください!

本当に気を付けてくださいね。

※羊毛フェルト初心者無料動画サイト はこちらをクリックしてください♪

ロゴ
◆羊毛フェルトとは?
◆通信講座~基礎コース~
◆通信講座~リアル美猫コース~
◆よくあるご質問
◆受講者の声
◆お問い合わせ

最新コラム一覧

ちくちくメール講座



初心者さん必見!!ちくちくメール10日間講座
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

×