模様を綺麗に入れる方法

2016.09.11|作り方 ポイント

はてな

 

みなさんは、模様を綺麗に入れることはできますか?

ほとんどの作品は、模様を入れる必要がありますね。

顔、体の模様・・・など。

例えば、羊毛フェルト通信講座~基礎コース~ですと、‘おやすみネコにゃん’の顔や体のラインがあります♪

021

ラインを入れるのって、結構難しいですよね。汗

■模様を綺麗に入れるためには?

ゆっくり、深く刺すことでラインがボヤけることなく、くっきりとした模様に仕上げることができます。

ラインを刺すときには、羊毛を細く撚り、端から順番に刺していきますが、浅く刺してしまうと細かい毛が表面に残ってしまって、ラインがボヤけてしまうことがあります。

上手くいかない場合は、もの凄くゆっくり、深く刺してもらえればと思います♪

■それでも、ラインがボヤけてしまう?

それでもボヤけてしまうときは、ライン際の細かい毛をラインの内側に押し込むように、ひと針、ひと針丁寧に刺してみてください(^^)/

この時、針で羊毛をすくうように刺してしまいがちですが、針に横の力が加わると針が折れやすくなりますので、真っすぐ刺すよう注意してくださいね。

あと、深く刺すと細かい毛が奥に収まるのと同時に、周りの毛も一緒にひきつれてしまうので、ラインを刺すときは、端からひと針ひと針、順番に刺し進めていくことがコツです♪

細かい作業にはなりますが、ラインを描けると表情が豊かな作品ができますので、是非、やってみてくださいね♪

 

ロゴ
◆羊毛フェルトとは?
◆通信講座~基礎コース~
◆通信講座~リアル美猫コース~
◆通信講座~ビジネスコース~
◆よくあるご質問
◆受講者の声
◆お問い合わせ

最新コラム一覧

ちくちくメール講座



初心者さん必見!!ちくちくメール10日間講座
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

×